2014年10月01日

萱野稔人, 神里達博『没落する文明』【#34-3(再配信)】

萱野稔人, 神里達博『没落する文明』【#34-3(再配信)】.m4a
パーソナリティ: mercy, masa, 岳【2012/7/21 収録】


mercy's select : 萱野稔人, 神里達博『没落する文明』
http://shinsho.shueisha.co.jp/bunmei/





萱野稔人
http://kayanotoshihito.cocolog-nifty.com/
http://ch.nicovideo.jp/kayano
Twitter(かやのチャンネル) https://twitter.com/kayanochannel

      

神里達博
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/staff/kamisatotatsuhiro.php?page=all
Twitter https://twitter.com/tkamisato




2011年の東日本大震災以降、防災に関する危機意識も高まってきたように思える昨今ですが、今年も台風、土砂災害、火山等々、次々と新たな(あるいは起こるべくして起こっているともいえる)災害に見舞われています。そうしたなか、ふと2年前に収録した本編を思い出しましたので、再配信してみようと思います。

人間が科学技術を駆使して自然災害に立ち向かう時代はもう転機にきているのかもしれない。日々の危機管理には努めながらも、柔軟な思考でその場の状況に臨機応変に対応する姿勢も大事なのかもしれない、と思わされるような著作です。ぜひ一度ご覧いただければと思います。

----------------以下 旧ブログより転記----------------

僕が今回紹介したのは人間の進化により発展させてきた科学技術、ひいては文明をテーマにした著作です。
科学技術を否定しているわけでも礼讃しているわけでもなく、あくまで人間が科学技術をどう捉えるかが大事なんだということを示しているようにも思えます。

現代のテクノロジーに囲まれた生活を当たり前のものだと思っている人ほど、読んでもらいたい作品です。


  
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 20:47| Comment(0) | 本(生物・科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

肥田舜太郎, 鎌仲ひとみ『内部被爆の脅威 -原爆から劣化ウラン弾まで-』【#26-4(再配信)】

肥田舜太郎, 鎌仲ひとみ『内部被爆の脅威 -原爆から劣化ウラン弾まで-』【#26-4(再配信)】.m4a
パーソナリティ: mercy, 周, masa, 岳【2012/1/2 収録】


mercy's select : 肥田舜太郎, 鎌仲ひとみ『内部被爆の脅威 -原爆から劣化ウラン弾まで-』
映画『核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝』公式サイト http://www.uplink.co.jp/kakunokizu/
鎌仲ひとみ 公式ウェブサイト http://kamanaka.com/
鎌仲ひとみ Twitter https://twitter.com/kama38






  






こうの史代さんの『夕凪の街 桜の国』に続いて紹介するのは、2011年に福島第一原発事故が発生する6年も前に書かれた内部被爆をテーマとした一冊です。

この本が出版された当時は、全くと言っていいほど内部被爆という言葉自体知られていなかった為、少しでも多くの人に内部被爆に対する知識やその被爆者への理解を広めるべく書かれた本だったそうです。しかし3.11の事故を機に、今となっては日本人の誰しもが一度は聞いたことのある耳慣れた言葉になってしまったのは皮肉としかいいようがありません。

この配信内でも話していますが、内部被爆の被害は被爆してすぐに発症するわけではなく、発症との因果関係すら明らかにならないことがほとんどという、大変たちの悪い性質をもっています。原発事故から早3年を迎えた今ですが、僕達日本人の本当の戦いはこれから始まっていくのかもしれません。






----------------以下 旧ブログより転記----------------

いつも以上にカタい内容となってしまったかもしれませんが、昨年に引き続く日本の状況を鑑みるにつけ、話しておくべき事だと感じ辿々しくも紹介させていただきました。
この話題についての個人的見解としては、難しいけど「人任せにせず自分で考え判断する事」だと思っています。過去の経験を活かしきれていないからこそこれからが大事なんだと捉え、前向きな情報収集に取り組みたいですね。


                  
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 19:01| Comment(0) | 本(生物・科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』【#57-2】

リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』【#57-2】.m4a
パーソナリティ: mercy, masa, 岳, ビロ【2014/1/4 収録】


masa's select 2 : リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』
http://www.richarddawkins.net/
Twitter https://twitter.com/RichardDawkins












マサ初の連続紹介は、中島らもの小説と併せて持ってきてくれていたぶ厚い生物進化論を書いた本、『利己的な遺伝子』です。全世界に衝撃を与えたといわれる本著作、実は僕も購入済ではあるのですが未だに完読できていない大作なので、本紹介を機にまたどこかで時間をつくって読み直したいなと思いました。

収録ではトークが熱くなりすぎて収集がつかなくなってしまったので、こちらもメンバーが通読次第(いつになるかは分かりませんが...)あらためて話し合いたいと思います!


        
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 13:16| Comment(0) | 本(生物・科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする