2018年11月03日

ジャニスの閉店と音楽ストリーミングサービスの普及について語る @都内の路上で【#86】


パーソナリティ: mercy, 周【2018/9/1 収録】


ジャニス
http://www.janis-cd.com
Twitter https://twitter.com/janis_cd

ジャニス(本店)閉店のお知らせ | レンタルCD&DVD ジャニス
http://www.janis-cd.com/news/2018/08/post-311.html


Apple Music
https://www.apple.com/jp/music/
Twitter https://twitter.com/applemusicjapan?lang=ja
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCv5iVjD-tFfl04V4AB4XRYw




東京JAZZの帰り道にて、8月末にアナウンスのあったジャニスの閉店と、日本にも徐々に(既に?)普及しつつある音楽ストリーミングサービスについて語りました。

僕はまだ月額を払ってサービスを利用したことはありませんが、僕たちのように毎月のように音楽を購入する生活を続けている人間には大変便利なサービスなんだと思います。そろそろ元号も変わることですし、自分も音楽の買い方を変える必要があるかもしれませんね…。


           
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 06:51| Comment(0) | フリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

結婚後のセックスはなぜ減っていくのか?【#83-2】


パーソナリティ: mercy, TAKU, 輝, ESSAN【2018/2/22 収録】


ニッポンのセックス | 相模ゴム工業
http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/





「仲良しだけどセックスレス」夫婦に迫る危機 -「女が終わる」と焦る妻 | 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/94668



愕然…妻に対してだけEDだという男たちの言い分 -「VERY」妻だけED座談会 | エキレビ!
https://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20160127/E1453857173159.html

 

松本人志の「セックスレスになってから」に救われる人々 | NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20170807_601631.html

 


さて、前回の選択的夫婦別姓の議論に引き続いて話すのは、ずばり「結婚後のセックス」についてです。

なかなか生々しい話題ではありますが、結婚・妊娠・出産を経て、まだまだ子育てをし始めたばかりの私たちにとっては、今後の家族の運命を左右する非常に重大なテーマであることも事実です。
(特に今回の配信をするにあたり、参考資料を探っていけばいくほど、このセックスレスという現象が実に深刻な問題であることを徐々に理解し始めました…汗)

一方で、配信のなかでは最終的に育児の話(母乳の話?)に辿り着くなど、男だけでも育児をテーマに話ができるんだなと、新たな活路も見いだすことができました。
これからも経過観察がてら、たまには仲間うちで集まって腹の割った話をしていきたいものです。


     
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 22:46| Comment(0) | フリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

当事者(30代♂)と考える「選択的夫婦別姓」について【#83-1】


パーソナリティ: mercy, TAKU, 輝, ESSAN【2018/2/22 収録】


選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)について | 法務省
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji36.html

知らないと損する!? 夫婦別姓のメリット・デメリットとは | ブライダルデー
https://media.bridal-day.jp/article/article228/

夫婦別姓賛成42%、反対上回る(内閣府世論調査) | 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/180210/plt1802100019-n1.html



【2018年1月 夫婦別姓訴訟関連】

夫婦別姓を求め提訴 サイボウズ社長ら | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180109/k00/00e/040/240000c

夫婦別姓求め夫が提訴へ。IT企業社長「多様な価値認めて」 | 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018010802000113.html

「日本の損失だ」夫婦別姓問題で国を提訴!サイボウズ社長を驚かせた弁護士の"ロジック"とは | AbemaTIMES
https://abematimes.com/posts/3540610

夫婦別姓を求める「新しい」裁判が始まった。 | ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/09/new-bessei-saiban_a_23329163/

こんなにある改姓の不便。夫婦別姓を選べるよう国を提訴 | BuzzFeed
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/bessei-teiso?utm_term=.jvODD44GYD#.tcG11997x1

青野慶久
Twitter https://twitter.com/aono
note https://note.mu/yoshiaono
change.org https://www.change.org/p/夫婦同姓-別姓を選べる社会にするため-私たちの訴訟を応援してください






大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
配信頻度は年々少なくなってきておりますが、細々と続けていければと思っておりますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2018年最初のテーマは、最近話題となっている「夫婦別姓」です。
先月1月9日、ソフトウェア開発会社サイボウズの青野慶久社長ら男女4名が、日本人同士が結婚する際に夫婦別姓を選択できないのは憲法違反だとして、国に損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。

前回の夫婦別姓訴訟(2011年提訴、2015年に最高裁判決)までにも長い歴史のある夫婦別姓論争と今回の訴訟が大きく違うのは、女性の側からの訴えではなく、結婚して妻の姓に変えた男性の側から訴えがあったという点です。
世論調査を見ても、年々選択的夫婦別姓容認の割合が増えてきている昨今、青野氏らの訴えが認められる可能性も十分にあると思われます。

賛否両論あるこの議論については、まずは実際の当事者に話を聞くことが先決だと思われます。
そこで今回の収録では、上記訴訟を起こした青野氏のように、結婚により自らの氏を変えた友人を交え、夫婦別姓について話し合ってみました。

現状としては、単に当事者となる夫婦の価値観の問題だけではなく、夫婦双方の親の「家制度(法律的には廃止されていますが、日本人の価値観としては依然として残っているようです)」に対する考え方にも大きく影響を受ける部分もあり、一筋縄ではいかないようです。
日本人としてはどうしても感情的になってしまうテーマではあるかもしれませんが、今後冷静に議論を深めていき、より日本人が生きやすい社会をつくっていく努力をする必要があるかと思われます。


        


P.S. 今年の青野氏らによる提訴のずっと前から再三議論となっては経ち消えていった夫婦別姓問題。これまでの議論の歴史がわかる動画のリンクを少し貼っておきたいと思います。
今年3月には新たに事実婚夫婦4組の原告が東京地裁と広島地裁で訴訟を起こす予定との報道もあります。夫婦別姓問題、これからも目が離せません。

【2011年 夫婦別姓訴訟関連(2015年 最高裁判決)】





【1996年 法制審議会答申 民法改正案関連】

posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 23:25| Comment(0) | フリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする