2017年02月04日

国民投票で正義は選べない? -イギリスEU離脱・アメリカ大統領選挙・超高齢社会-【#77-3】


パーソナリティ: mercy, 周, masa【2016/12/30 収録】


イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票
ロイター http://jp.reuters.com/news/world/brexit
WSJ http://jp.wsj.com/articles/SB10272610103318793334204581557630317167472

 







2016年 アメリカ合衆国大統領選挙
NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/
日本経済新聞 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/president2016-live/
ハフィントンポスト http://www.huffingtonpost.jp/news/amerikadaitoryosen/
ニコニコドキュメンタリー特集 http://originalnews.nico/us_election2016

     







          


「イギリスが国民投票によりEU離脱を表明」と「アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利」。
2016年は大方の予想を裏切る結果となった国民投票にまつわる2大事件が話題となりました。

アメリカの新大統領ドナルド・トランプ政権が発足してまだ2週間
余りですが、一部外国人の入国制限やメキシコ国境沿いの壁建設についての大統領令を連発するなど、大方の予想通り波乱含みの幕開けとなっています。
また昨年EUからの離脱を表明したイギリスも、メイ首相がEU単一市場からの脱退を演説で表明するなど、少しずつ具体的な方針が明らかとなってきました。

イギリスとアメリカ、2つの大国が選んだ新たな道でどのような結果が出るのかはまだ分かりませんが、両国の国民は少なくないリスクを取ってでも新たな変化に期待したのは確かです。
そうした国々を横目に、ネットビジネスやドローンなどの新たな技術開発と浸透が急速に進む世界のなかで、超高齢社会が進む日本は今後どうするべきなのでしょうか?

遠くない将来、日本も大きな変化に迫られる日が来るのかもしれません。


                        
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 16:11| Comment(0) | フリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: