2016年11月07日

涼宮ハルヒは神である(仮) -石原立也監督, 山本寛シリーズ演出『涼宮ハルヒの憂鬱』-【#37(再配信)】


パーソナリティ: mercy, ryo, TAKU, 輝【2012/11/4 収録】


石原立也監督, 山本寛シリーズ演出『涼宮ハルヒの憂鬱』
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/movie/

株式会社京都アニメーション
http://www.kyotoanimation.co.jp
Twitter https://twitter.com/kyoani?lang=ja
YouTube https://www.youtube.com/user/KyoaniChannel

   









角川スニーカー文庫
http://sneakerbunko.jp
http://sneakerbunko.jp/series/haruhi/
Twitter https://twitter.com/kadokawasneaker

 

 

山本寛
Blog http://lineblog.me/yamamotoyutaka/
Twitter https://twitter.com/yamacane_0901



神前暁
http://www.monaca.jp/staff/kosaki.html
Twitter https://twitter.com/MONACA_kosaki

  

平野綾
http://ayahirano.jp
Twitter https://twitter.com/Hysteric_Barbie

 




さて、前回の再配信から少し時間が経ってしまいましたが、アニメ『CLANNAD』の監督である石原立也氏のもうひとつの代表作『涼宮ハルヒの憂鬱』についても、前回の流れに引き続き再配信をしておきたいと思います。

こちらの作品に関しては、山本寛氏(通称ヤマカン)がシリーズ演出を手がけているとのことで、原作の小説のストーリー順序を前後大幅に入れ替えたり、ほぼ同じ内容の話を8回も続けて放送するなど、そのかなり斬新な演出は一部多大なる批判も受けたものの、結果的に現代アニメの認知度を日本全国及び世界中に広げました。

特にエンディング曲の『ハレ晴レユカイ』は、コスプレイヤーをはじめとする一般人が実際にアニメを真似て「踊ってみた」動画をYouTubeやニコ動などのネット上に上げる文化が盛り上がったりもしたようです。

今年は『涼宮ハルヒの憂鬱』放送から10周年を迎えた年でもあります。
小説の内容はアニメの内容よりも先に進んでいるため、あわよくばアニメでの続編も期待したいところですが‥…これも賛否両論ありそうですね。笑

----------------以下 旧ブログより転記----------------

神、宇宙人、未来人、超能力者、凡人という普通は交わる事のないであろう素晴らしい面々が一同に集まって繰り広げるストーリーは、まさに日本のアニメエンターテイメントの最高峰といっても良いのかもしれません。

エヴァ同様、日本に社会現象を巻き起こしアニメ文化を一般に広め、また制作スタッフも錚々たるメンバーが集まっていた本作品にふれておいて損はないと思います。
続編に期待です!


     
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 10:38| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: