2016年08月25日

日本人はなぜ花を買わないのか -フローリストの過去・現在・未来-【#70-3】



パーソナリティ: mercy, 周, masa【2015/11/8 収録】


今回は、昨年収録したとあるテーマについてのトークを満を持して配信したいと思います。
そのテーマとは、「花」です。

よく女の子の将来なりたい職業として挙げられる花屋ではありますが(年々人気が下がってきているというデータもありますが...)、実際の花屋の仕事について知る機会というのは少ないように思います。
今回の配信では、われらがメインパーソナリティ周氏が、花屋≒フローリストという職業について初めて詳しく語ってくれています。

とはいっても、花屋という「夢」の職業について分かりやすく説明しているわけではありません。
むしろここで聞けるのは、実際に何年間も各地で花を扱ってきた者だからこそ感じる「現実」なんだと思います。
実際の生業について語っている関係上、カット編集を施している箇所が多くありますが、日本人と花の関係性についてや、日本における花屋という仕事の価値について、少しでも考えるきっかけとなれば幸いです。

個人的には、こうやって夢と現実の双方と戦い続けている友人が身近にいることにいつも感謝しています。
今後のさらなる活躍が楽しみですね。


               


P.S. 最後に、トークのなかでも話題に出たPUNPEE先生の「お嫁においで 2015」のリンクを貼っておきたいと思います。大変秀逸なリリックと哀愁あるメロディ。過去と現在の融合で未来がつくられるという典型的な例かもしれませんね。



posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 17:55| Comment(0) | フリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: