2015年03月23日

渡辺一史『こんな夜更けにバナナかよ -筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち-』【#69-4】

渡辺一史『こんな夜更けにバナナかよ -筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち-』【#69-4】.m4a
パーソナリティ: mercy, masa, 岳, ビロ【2014/12/27 収録】


mercy's select 2 : 渡辺一史『こんな夜更けにバナナかよ -筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち-』
http://www.edia.jp/watanabe/watanabe/watanabe_kazufumi.html




僕が2冊目に紹介するのは、介護の話に引き続き、福祉系著書の名作です。
この本を読むまで、ほとんど何も知らなかった介助とボランティアの役割について、あらためて考えるきっかけとなりました。
鹿野さんの生き様を通じて、人が生きるとはどういうことなのかを考えさせられましたし、鹿野さんを支える多くのボランティアの方々の人生を垣間見ることによって、ボランティアという存在も一枚岩ではないなとつくづく思いました。
24時間テレビなどでも障害者の方々が良く取り上げられてはいますが、そうしたメディアで語られる障がい者像とはひと味もふた味も違った側面を知る機会になると思います。僕の人生のなかでも忘れられない大事な一冊となりました。


posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 23:04| Comment(0) | 本(ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: