2014年03月01日

こうの史代『夕凪の街 桜の国』【#26-3(再配信)】

こうの史代『夕凪の街 桜の国』【#26-3(再配信)】.m4a
パーソナリティ: mercy, 周, masa, 岳【2012/1/2 収録】


mercy's select : こうの史代『夕凪の街 桜の国』
http://blog.heibonsha.co.jp/heibonclub/









2011年3月11日の東日本大震災発生から早3年が経とうとしています。
今月は3年前の震災の記憶を風化させない為にという意味を込めまして、過去の配信から主に3.11に関するトークを中心に再配信していきたいと思います。

まず最初に配信するのは、震災というよりも原発事故に関連した話で、1945年8月6日広島の原爆投下で被爆した家族の物語を描いたこうの史代さんの漫画の紹介します。この作品は2004年に文化庁メディア芸術祭でも大賞に選ばれ、実写映画化もされている知る人ぞ知る名作かと思いますが、今以上にひとりでも多くの日本人に読んでもらいたい作品です。

直接的に震災と関係は無い作品かもしれませんが、被爆をしてしまった人々の心のなかの悲しみが緩やかに表現された、非常に感慨深い作品です。僕達日本人は、広島長崎の原爆投下や東日本の原発事故で感じた悲しみを、時折でもいいので思い出しながら行動をしていくことができれば、何度も同じ過ちを繰り返さずにすむような気がします。

よかったらぜひ一度読んでみて下さい。

----------------以下 旧ブログより転記----------------

いつも以上にカタい内容となってしまったかもしれませんが、昨年に引き続く日本の状況を鑑みるにつけ、話しておくべき事だと感じ辿々しくも紹介させていただきました。
この話題についての個人的見解としては、難しいけど「人任せにせず自分で考え判断する事」だと思っています。過去の経験を活かしきれていないからこそこれからが大事なんだと捉え、前向きな情報収集に取り組みたいですね。


posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 14:40| Comment(0) | 本(漫画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: