2014年02月22日

ジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』【#44-4(再配信)】

ジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』【#44-4(再配信)】.m4a
パーソナリティ: mercy, masa, 岳【2013/3/17 収録】


mercy's select : ジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』






先日再配信させていただいた小室先生の憲法本の紹介でも少し話題に出ていました、集合知に関する本作の紹介も併せて再配信させていただきたいと思います。

僕は年に何冊かの評論本を読んでいるのですが、割と多くの本で事例引用されている本です(僕が単に集合知に興味があるからかもしれません)。
「みんなの意見」が全て正しいわけではないですが、全て間違っているわけでもない。政治における民主主義にしても、インターネットにおけるSEOにしても、あくまで物事を考え評価する手段のひとつとしての「みんなの意見」の扱い方を工夫していく時期なんだと思います。

専門書的なテーマではありますがかなり読みやすい文章となっているので、気軽に一読してもらいたい一冊です。

----------------以下 旧ブログより転記----------------

前回の配信では選挙の話をさせてもらいましたが、今回は物事の「決め方」そのものについての本を紹介しました。この本の内容をふまえると、自民党の圧勝で終わった2012年の衆議院選挙の結果は本当に国民(=みんな)の意見をキチンの反映できているのかという疑問に答えるヒントになるかもしれません。


      


posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 16:00| Comment(0) | 本(政治・経済・社会・IT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。