2017年02月17日

ジンミはなぜ泣いたのか? -ヴィタリー・マンスキー監督『太陽の下で -真実の北朝鮮-』鑑賞後座談会-【#78】



パーソナリティ: mercy, ryo, NAOMI, SOGO【2017/2/3 収録】


ヴィタリー・マンスキー監督『太陽の下で -真実の北朝鮮-』
http://taiyouno-shitade.com
Twitter https://twitter.com/taiyo_movie




2017年最初の映画座談会は、北朝鮮に関する作品です。

本収録後の9日後の2月12日に日本海に向けた弾道ミサイルの発射、翌13日にはマレーシアで故金正日総書記の長男・金正男が殺害されるなど、再び北朝鮮情勢が大きく揺れ動いています。

今回の鑑賞にあたり、座談会メンバー各自で北朝鮮のことについて調べることになりましたが、これだけ日本に近い国(厳密には日本国政府は承認していませんが)にも関わらず、まだまだ知らないことばかりだということにあらためて気づきました。
また調べた情報についても、「本当に正しい情報なのか」という疑問を常に投げかけていかなくてはならないことが、北朝鮮問題の難しいところではないかと思います。

監督が隠し撮りを敢行し作品化したこの映画を観て分かることは、北朝鮮人民の背後には常に党員の監視の目が行き届いているということです。
その異常な生活の息苦しさは、北朝鮮の人々の口から明らかになることはありません。
しかし直接的な言葉では言えなくとも、この映画に登場したジンミちゃんの涙は確かに北朝鮮の現状を伝えてくれているのではないかと思います。

北朝鮮に住む人々がこの抑圧と飢餓から開放される日は来るのでしょうか?
ジンミちゃんの今後の幸せを祈ります。


【北朝鮮 関連情報 ※情報源:朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)】
http://www.naenara.com.kp/ja/

【北朝鮮 関連情報 ※情報源:NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/word/0000026.html



【北朝鮮 関連情報 ※情報源:池上彰】
池上彰ファンクラブ http://www.akiraikegami.com

 



【北朝鮮 関連情報 ※情報源:石丸次郎】
Twitter https://twitter.com/ishimarujiro

アジアプレス・インターナショナル
http://asiapress.org
Twitter https://twitter.com/api_official
YouTube https://www.youtube.com/user/ASIAPRESSmovie

アジアプレス・ネットワーク
http://www.asiapress.org/apn/

  











【その他 北朝鮮 関連情報】

                                                                              


P.S. 最後に、北朝鮮問題と直接関係はないかもしれませんが、日本人と在日朝鮮人の分断と恋愛を描いた映画について、リンクを貼っておきたいと思います。
ネットなどで映画の評価を見てみると随分と賛否が分かれているようですが、自分は結構好きです。この映画のなかで流れる「イムジン河」という曲(日本では長い間、発売自粛をしていた曲でもある)を聴きながら、なぜ人は分かりあえないのかを今一度、考えてみても良いかもしれません。



  

ラベル:北朝鮮 ジンミ ヴィタリー・マンスキー ロシア ソ連 太陽の下で 金日成 金正日 金正恩 金正男 演出 太陽節 監視 ドキュメンタリー 朝鮮労働党 奇跡体験!アンビリバボー 韓国 朴槿恵 大統領 朝鮮半島 タブー 南北統一 日本 朝鮮戦争 38度線 臨津江 イムジン川 音楽 神話 日本人 地主 日本統治下 歴史 マンガ金正日入門 抗日 アメリカ 中国 大韓民国臨時政府 大韓民国憲法 池上彰 一気にわかる朝鮮半島 反日 嫌韓 そうだったのか!朝鮮半島 代理戦争 釜山 ソウル 平壌 漢城 京城 仁川 仁川上陸作戦 マッカーサー ミサイル 戦争を知らない子供たち 情報 リムジンガン 石丸次郎 脱北者 ジャーナリスト 飢餓 大邱 開城 地上の楽園 朝鮮総連 在日 帰還事業 ハングル 方言 朝鮮語 韓国語 コミュニケーション 祖国統一 社会主義 軍事産業 武器 イラン シリア トンネル 米軍基地 沖縄 地方 議員 光州 金大中 金泳三 青瓦台 官邸 ホワイトハウス 崔順実 朝鮮総督府 首都 漢字 伊藤博文 南アメリカ ピサロ コルテス 虐殺 インフラ 銅像 安重根 台湾 親日 民族 汚職 国民性 教育 子ども 独裁 修学旅行 南京大虐殺紀念館 河村たかし インターネット 人間 プーチン キューバ 北京 革命 携帯電話 韓流 ドラマ 闇ビデオ 生活総和 反省会 自己批判 福島 半島を出よ 軍用車両 留学 飲み会 ディズニーランド 張成沢 粛清 世襲 資本主義 難民 経済 農村 高齢化 結婚 ベルリンの壁崩壊 武装解除 共産主義 宗教 配給 搾取 兼業 闇市場 格差 GDP 拉致 テポドン 薮中三十二 外務省 外交 アフリカ 節分 朝鮮学校 Googleマップ 課税減免措置 固定資産税 都市計画税 地方税 授業料無償化 差別 トヨタ自動車 原爆投下 東日本大震災 福岡 クレイジージャーニー 政治家
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 11:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

国民投票で正義は選べない? -イギリスEU離脱・アメリカ大統領選挙・超高齢社会-【#77-3】


パーソナリティ: mercy, 周, masa【2016/12/30 収録】


イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票
ロイター http://jp.reuters.com/news/world/brexit
WSJ http://jp.wsj.com/articles/SB10272610103318793334204581557630317167472

 







2016年 アメリカ合衆国大統領選挙
NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/
日本経済新聞 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/president2016-live/
ハフィントンポスト http://www.huffingtonpost.jp/news/amerikadaitoryosen/
ニコニコドキュメンタリー特集 http://originalnews.nico/us_election2016

     







          


「イギリスが国民投票によりEU離脱を表明」と「アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利」。
2016年は大方の予想を裏切る結果となった国民投票にまつわる2大事件が話題となりました。

アメリカの新大統領ドナルド・トランプ政権が発足してまだ2週間
余りですが、一部外国人の入国制限やメキシコ国境沿いの壁建設についての大統領令を連発するなど、大方の予想通り波乱含みの幕開けとなっています。
また昨年EUからの離脱を表明したイギリスも、メイ首相がEU単一市場からの脱退を演説で表明するなど、少しずつ具体的な方針が明らかとなってきました。

イギリスとアメリカ、2つの大国が選んだ新たな道でどのような結果が出るのかはまだ分かりませんが、両国の国民は少なくないリスクを取ってでも新たな変化に期待したのは確かです。
そうした国々を横目に、ネットビジネスやドローンなどの新たな技術開発と浸透が急速に進む世界のなかで、超高齢社会が進む日本は今後どうするべきなのでしょうか?

遠くない将来、日本も大きな変化に迫られる日が来るのかもしれません。


                        
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 16:11| Comment(0) | フリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする