2016年11月12日

「築地」は「豊洲」に移せるか? -遠藤尚太郎監督『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』観賞後座談会-【#76】



パーソナリティ: mercy, ryo, NAOMI【2016/10/29 収録】


遠藤尚太郎監督『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』
http://tsukiji-wonderland.jp
Twitter https://twitter.com/tsukiji_movie

遠藤尚太郎
Twitter https://twitter.com/e_naotaro






今年も残すところあと1ヵ月半余りとなりました。

2016年は、国内では天皇陛下の生前退位発言、相模原障害者施設殺傷事件、大手広告代理店の過労死認定など、また世界的にはアメリカ・オバマ大統領の広島訪問、イギリスのEU離脱、最近ではアメリカ大統領選挙にてドナルド・トランプ氏が勝利するなど、今年もさまざまなニュースが話題となりました。

その中でも、現在進行形の問題として取り沙汰されているのが、舛添前東京都知事の辞任から小池新東京都知事への移行に伴い、あらためて注目されている東京都中央卸売市場の築地市場から豊洲市場への移転計画にまつわる種々の問題、いわゆる「築地市場移転問題」です。

この市場移転における具体的な問題をひとつずつ挙げていけばキリはないのですが、各種メディア上で市場移転問題に関する報道が日々垂れ流されているのを横目に、1935年の開設から80年以上続く現在の築地市場に着眼したドキュメンタリー映画がひっそりと公開されました。それが『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』です。

この映画を観てみると、現在の移転議論は実際に築地市場で働いている方々の目線からはかなりかけ離れた議論をしているのではないかと感じます。
安全性の問題とか、東京都のガバナンスの問題とか、確かに検証されるべきことは多々ありますが、今この瞬間も築地市場を拠点に働いている人々の資金繰りはどうするのか?そもそも現在の築地市場の衛生環境は良好なものと言えるのか?
全ての出来事において完全なる清廉潔白さを追い求めるがゆえに、これまでの歴史的経緯や現在ある現場の不具合から目を背けているのではないでしょうか?

少なくともこの映画は、そうした観念的な考え方からは距離を置き、80年続いた歴史の幕を閉じようとしている築地市場の「現在(いま)」をただただ「記録」しています。
これから築地市場という場所は無くなってしまいますが、この映画の「記録」は、人々の「記憶」となり、次の世代へと受け継がれていくことでしょう。


                                          


P.S.@ 今、築地を語る上で避けては通れない築地市場移転問題。

僕も今回の収録を機に動向をウォッチしているのですが、個人的には移転賛成派の意見も移転反対派の意見も一理あるなと感じています。最終的には何らかの政治的判断がなされるかと思いますが、双方の主張を傾聴するこ
とは、結果がどのようになるにせよ、意義あるものとなるはずです。

以下に、築地市場移転問題関連のリンクを貼っておきます。また、特に僕が興味深いと感じた賛成派・反対派双方の論者を取り上げてみたいと思いますので、ぜひ片方の主張だけを聞いて断定はせずに、この移転問題について考えてみてはいかがでしょうか。


小池百合子
https://www.yuriko.or.jp
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/index.html
Twitter https://twitter.com/ecoyuri
YouTube https://www.youtube.com/user/yurikoch?gl=JP&hl=ja
ニコニコ動画 http://ch.nicovideo.jp/ch77

東京都中央卸売市場
http://www.shijou.metro.tokyo.jp
Twitter https://twitter.com/tocho_shijou
YouTube https://www.youtube.com/user/tokyo

朝日新聞デジタル:タイムライン「築地市場の豊洲移転問題」
http://www.asahi.com/special/timeline/tsukiji-to-toyosu/



【移転賛成派】

橋下徹
http://hashimoto-law-office.jp/from.html
Twitter https://twitter.com/t_ishin?lang=ja

生田與克
Twitter https://twitter.com/ikutayoshikatsu?lang=ja





【移転反対派】

森山高至
http://ameblo.jp/mori-arch-econo/
Twitter https://twitter.com/mori_arch_econo?lang=ja




P.S.A 今回、この魚市場の移転問題について調べていくなかで、そもそも現在の日本の漁業の現状がかなり良くない状況にあるということが分かってきました。マスコミの報道ではあまり大きく取り上げられることがあまりありませんが、知れば知るほど事態は深刻です。

ここでは、築地魚河岸マグロ仲卸「鈴与」三代目の生田與克氏が司会をしているネット番組「さかなTV」の動画をいくつか貼っておきたいと思います。魚の問題は自分自身の問題。単なる移転問題の賛否の議論に終止することなく、これを機にこれからの日本の漁業の課題についても真剣に考えていかなくてはいけませんね。








ラベル:専門家 TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド 遠藤尚太郎 築地 豊洲 卸売市場 移転問題 fake シン・ゴジラ 君の名は。 名古屋 ミッドランドスクエア 愛知県 職人 寿司 仲卸 銀座 日本橋 産直 産地直送 漁港 大手 スーパー 東京都 漁業 取引量 高齢化 中抜き 競り ブランド 目利き 信頼 物流 ヒューマンドラマ プライド 給料 経営 冷凍庫 空撮 ドローン マグロ 鮪包丁 ドキュメンタリー 森達也 1935年 80年 経験 プロフェッショナル 観光地 場内市場 場外市場 すしざんまい 付加価値 建物 老朽化 アスベスト 千客万来 衛生 国際基準 閉鎖型施設 開放型施設 HACCP ハサップシステム 廃業 文化 カオス アジア 関東大震災 鉄道 トラック 輸送 交通アクセス 市場前駅 小池百合子 都知事 東京オリンピック 舛添要一 盛土 土壌汚染 汚染物質 橋下徹 府知事 大阪府 市場長 twitter 環境基準値 共産党 ベンゼン 柳橋中央市場 風評被害 環境アセスメント 正月 スケジュール 環状第2号線 選手村 会場 ターレ 積載荷重 構造 森山高至 情報 技術 税金 都民ファースト 大阪都構想 住民投票 石原慎太郎 情報開示 海水 洗浄 仲間買い 家業 吸収合併 マスコミ 生田與克 ノルウェー 200海里 排他的経済水域 EEZ 総量規制 割当規制 水産資源管理 単価 ウナギ 絶滅 サバ ニュージーランド 補助金 数の子 ニシン 政治家 日本人 TPP 漁師 大間 さかなTV 矢作川漁協 サーモン ウニ さかなクン 常滑 ハマチ カンパチ 高知 カツオ 回転寿司 アフリカ ナイルパーチ 碧南 一五〇 がっちりマンデー 伊豆 えんがわ 金沢 ノドグロ 鮮度 ハワイ 魚食 神経抜き 三陸海岸 下関 安倍晋三 総理大臣 跡地 一等地 都議会 施設管理者 ジョブ・ローテーション 無責任
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 11:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

涼宮ハルヒは神である(仮) -石原立也監督, 山本寛シリーズ演出『涼宮ハルヒの憂鬱』-【#37(再配信)】


パーソナリティ: mercy, ryo, TAKU, 輝【2012/11/4 収録】


石原立也監督, 山本寛シリーズ演出『涼宮ハルヒの憂鬱』
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/movie/

株式会社京都アニメーション
http://www.kyotoanimation.co.jp
Twitter https://twitter.com/kyoani?lang=ja
YouTube https://www.youtube.com/user/KyoaniChannel

   









角川スニーカー文庫
http://sneakerbunko.jp
http://sneakerbunko.jp/series/haruhi/
Twitter https://twitter.com/kadokawasneaker

 

 

山本寛
Blog http://lineblog.me/yamamotoyutaka/
Twitter https://twitter.com/yamacane_0901



神前暁
http://www.monaca.jp/staff/kosaki.html
Twitter https://twitter.com/MONACA_kosaki

  

平野綾
http://ayahirano.jp
Twitter https://twitter.com/Hysteric_Barbie

 




さて、前回の再配信から少し時間が経ってしまいましたが、アニメ『CLANNAD』の監督である石原立也氏のもうひとつの代表作『涼宮ハルヒの憂鬱』についても、前回の流れに引き続き再配信をしておきたいと思います。

こちらの作品に関しては、山本寛氏(通称ヤマカン)がシリーズ演出を手がけているとのことで、原作の小説のストーリー順序を前後大幅に入れ替えたり、ほぼ同じ内容の話を8回も続けて放送するなど、そのかなり斬新な演出は一部多大なる批判も受けたものの、結果的に現代アニメの認知度を日本全国及び世界中に広げました。

特にエンディング曲の『ハレ晴レユカイ』は、コスプレイヤーをはじめとする一般人が実際にアニメを真似て「踊ってみた」動画をYouTubeやニコ動などのネット上に上げる文化が盛り上がったりもしたようです。

今年は『涼宮ハルヒの憂鬱』放送から10周年を迎えた年でもあります。
小説の内容はアニメの内容よりも先に進んでいるため、あわよくばアニメでの続編も期待したいところですが‥…これも賛否両論ありそうですね。笑

----------------以下 旧ブログより転記----------------

神、宇宙人、未来人、超能力者、凡人という普通は交わる事のないであろう素晴らしい面々が一同に集まって繰り広げるストーリーは、まさに日本のアニメエンターテイメントの最高峰といっても良いのかもしれません。

エヴァ同様、日本に社会現象を巻き起こしアニメ文化を一般に広め、また制作スタッフも錚々たるメンバーが集まっていた本作品にふれておいて損はないと思います。
続編に期待です!


     
posted by mercy a.k.a.kjharajunior at 10:38| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする